タグ別アーカイブ: マット風俗

sp-matty_eri04

「恥ずかしがらずに『乳首が感じる』って言ってください♪」【マッティー夫人】大沢えり

フェラは文句なしに気持ちいい。

アナル舐めも、ちょっと恥ずかしいけど風俗ならではで興奮する。

でも、「乳首が感じる」と女の子に告げられる人、 意外と少ないのではないでしょうか?  

そりゃあ女の子ほど強くは感じないものの、 舐められれば当たり前に気持ち良い乳首。

「問診表に書いてくれない人が多いんですよね。恥ずかしいのかしら?(笑)」    

 

   

 

ファッションヘルス【マッティー夫人】大沢えりさん(37)

ヌルヌル天国マットヘルスで現実離れした快感技を楽しませてくれるマットの達人。  

マットの楽しさを、 「これだけたくさんのローションでイチャイチャするのって、 プライペートでは絶対にできないですよね。 ローションの温かみも大好きです♪」と語る人妻さん。  

せっかく気持ち良くなれる場なのに、 乳首が気持ちよいと告げないのはあまりにもったいない。  

「私から質問するようにしています。『乳首感じる?』って」

男のプライドを傷つけることなく導いてくれる人妻の配慮が嬉しい  

 

     

 

「恥ずかしいといえば、ヘソの下の毛も同じですね」  

—–ヘソの下の毛?

「ギャランドゥです(笑) 私、大好きなんですけど、なかには剃ってしまう方もいるんですよねぇ」  

—–毛深いと嫌われるってイメージがあるのでは?

「もったいないですよぉ。そのままでいいのに!」  

これも男女の価値観の違いなのでしょうか、 ギャランドゥが好きな女性は意外と多い。

 「生えている方だったら、ローション塗って遊んでいます(笑)」  

ギャランドゥを持っている方! えりさんと遊ぶなら積極的にアピールしたほうが良さそうデス。  

 

     

—-では、マット技についてききたいのですが

「いいですよ、何の話からしましょうか♪」  

マット技の話題になったとたんに、明るいテンションがもう一段明るくなる。 表情を見ているだけでどれだけマット好きなのかがよくわかるくらい。  

—-これは味わってほしいというお勧めの技なんてありますか?

「お勧めの技、うーん、難しいですね。全部!って言いたいけど(笑) マットなのでうつ伏せでのプレイを楽しんでほしいですね。 ”金のしゃちほこ”とか気持ちいいですよ。 後ろからお尻を抱え込んでアナルなめするんですけども、 何をされているのかわからない気分を味わってほしいですね♪」  

—-男の人の反応もいい?

「いいですね! アナルを責められることに慣れていない方だったら、 『イヤ? イヤならやめるけど?』ってイジめてます(笑)」  

—-いじわるですね(笑)

「ふふふ(笑) だって本当は気持ちイイって知ってますから(笑)」    

 

   

 

-—後ろからの責めなんて気持ちよくてイク人も多いのでは?

「そうですね。でも、イカせませんよ(笑) 最後はフェラって方が多い気がします」  

—-フェラ?

「69でお互いにアソコを見る態勢になるとイキそうになるみたいですね。 フェラも早いのが好きか、ゆっくりが好きかなど人によって変わるから、 フェラセンサー使って見抜くようにしています(笑)」  

—-フェラセンサー(笑)

「男の人も感じる場所は違いますからね。ソコを見つけるも楽しいですよ♪」 同時に乳首責めしたりしてね。乳首が感じる男の人、多いですから♪」  

 

男の体を知り尽くした人妻のマット技。 ぜひお店で試してみてください。 大沢えりさんは週5回、遅番で出勤中です!  

 

◆◆◆◆◆◆今回紹介した人妻さんと遊べるお店◆◆◆◆◆◆

 

マッティー夫人(ヘルス) 南5西5楽園ビル3F
営業時間 10:00~24:00
電話番号 011-562-2477
システム 40分9,500円~

 

大沢えり(37) T.166cm B.86cm(E) W.62cm H.89cm

とにかく明るい!よく話す!さらに聞き上手! 抜群のトークスキルで楽しく、濃密なマットプレイでドエロに、 風俗のイロハを存分に味わえる人妻さんです!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【スマホでお店のページを見てみる】

【バックナンバー】

renai_rami03

「楽しくて仕方ない!」19歳の超元気なマット嬢!【恋愛マット同好会】らみ

南5条通りに面した第二東亜すすきのビル。

ここの1Fにある【恋愛マット同好会】 風俗ビル1Fという誰もが通る最高の立地条件もあって、 一度は見かけたことがあるのではないでしょうか?
※ちなみに8Fにもお部屋があります

いかにも非日常を感じさせるマットサービス、 店頭に飾られた可愛い女の子の写真、 性欲ゲージが一気にMAXになるお店で、 とっても可愛い女の子を取材してきました!    

 

   

 

彼女の名前は、らみちゃん(19)

真っ白な美肌が写真から伝わりますか? それは、透明感といいかえてもいい。 10代の若さを保つ瑞々しいお肌、そして何より元気がいい女の子で、 「よろしくお願いします!」と挨拶してくれる礼儀正しさが心地よい。

第一印象は、すこぶるGood。  

余談ではありますが、取材の場で私(ヤリオ)は、たいてい床に座ります。

女の子にはベッド or ソファに座ってもらってお話をきかせてもらう。 これが取材の基本的なポジションなんですが、   「私も床に座ります(笑)」

らみちゃんなんと、決して柔らかいとはいえない床に自ら腰をおろして、 同じ目線でコミュニケーションをとろうとしてくるのです。

個人的な経験上ですが、これをしてくる女の子はほぼ例外なく性格がよい。

会話しようという意識が強いうえに、相手思いの優しさ、配慮ももっているからです。 今回の取材でも、話を続けていくうちに、 『いやぁ、性格のよい女の子だわ』と感じるところが随所にありました。    

 

   

 

「お店にはいって5か月目に突入しました!マットは楽しいですよ!」  

いきなり飛び出す『楽しい』というキーワード。

男を気持ちよくさせないといけないという意識が強いせいか、 案外、自分が楽しむ余裕のない女の子って多いものです。

顔で笑って、内心は焦る、みたいな。 しかしらみちゃんの場合は、キッパリ楽しいといいきってしまう。

実際、マットサービス中も楽しさを重視しているようで、   「だって、ローションってすごく気持ちいいでしょ? 触った感触も全然違うし、男の人が声をあげるのを見るのも面白いし!」  

つまり、責めるのが好きということ。  

「カエルキックしている時に男の人のアソコが大きくなっていくのがわかるのも楽しいし、 アナル舐めしている時に声を出して感じてくれるのもうれしい。 この2つのサービスは特に好きなんです♪」  

『面白い』 『うれしい』という言葉もでて、らみちゃん、 本当にマットサービスを楽しんでいるのが伝わってくる。 インタビュー中も終始笑顔。    

 

 

 

マットには欠かせないグラマーな体。 程よく肉付いていると気持ちよさは断然アップしますよね。

らみちゃんの場合、程よく肉付いているのはオッパイ。

  「高校生くらいから大きくなってきたのかなぁ。 それまでずっとBカップのブラをつけていたんですね。 なんか小さい、窮屈な気がするって思って下着屋さんに行ってみたら、 『Eカップですね』っていわれてビックリしました(笑)」  

19歳のEカップは、ハリも柔らかさも弾力も最高級。

おそらく、巨乳の女の子にとって最も貴重な時期。

しかし、らみちゃんにあった時にEカップもあるとは感じないでしょう。

小柄で細いせいかもしれない。脱いだらすごいタイプなんです。  

このカラダを使ってマットサービスしてくれるからたまらない。

  「パイズリは自分からしますねぇ。私も気持ちいいし(笑)」

この『私も気持ちいい』という言葉が、らみちゃんのプレイを語る上で欠かせない最重要テーマ。

常時密着のマットプレイの中で、しっかりと本人も気持ちよくなっているんです。  

 

 

 

  「ローションを使えば気持ちよくなっちゃいますよね(笑) スマタしている時も、自分でクリにこすっている時がありますもん(笑)」  

エッチな話になっても隠すことなく明るく話してくれる。この子、 こういうことが好きなんだなぁというのが伝わってきます。

エッチなことがしたくて遊びにいく男性にとって、最高の女の子といえるでしょう。  

 

「マット初心者の方でも経験のある方でも気持ちよくなってもらえるように、 一生懸命がんばります! 気持ちよくなったらどんどん出してください、らみが何度もイカせてあげます♪」  

集中しすぎて余裕がなくなることもなく、 程よいリラックスの中で最高に気持ちいいことをしてくれる女の子、それがらみちゃん。 一度あってみてほしい、おすすめの女の子です!  

 

◆◆◆◆◆◆今回紹介した女の子と遊べるお店◆◆◆◆◆◆

恋愛マット同好会(ヘルス) 南5西5丁目第2東亜すすきのビル1F
営業時間 6:00~24:00
電話番号 011-533-8585
システム 40分8,980円~

 

 

らみ(19) T.152cm B.88cm(E) W.58cm H.85cm

ピチピチ19歳!美肌で透明感にあふれた子で、 サービスもお客さん思いで一生懸命。こんな彼女が欲しい! そう感じるくらいのイイ子!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【スマホでお店のページを見てみる】

【バックナンバー】

sp-matty_sakura

快感の決め手は「一緒に気持ち良くなりたい!」願望【マッティー夫人】吉野さくら

受け身プレイの定番・マットヘルス。  

ここに行けば、すすきのにある快感のほとんどを楽しめるのではないかというくらい、 次から次へと矢継ぎ早に繰り出されるマット技の連続に、息つく暇もなくヘロヘロにされるでしょう。  

もしもあなたが受け身好きのMなら、迷わずマット店に行って欲しい。 しかしその反面、実はこんな弱点を抱えていたりします。  

 

「マットサービスって、マット技を順番にこなしていくのが基本だから、 どうしてもプレイの流れが決まってしまうんですねぇ」

 

【マッティー夫人】吉野さくらさん(37)が指摘するのも、まさにこの部分。  

10~20種類にまで及ぶマット技、快感が連続する夢のような時間は、プレイの幅も自ずと縮めてしまう。 次はコレ、その次はコレ。 プレイの予測が付いてしまうのです。    

 

   

 

しかし彼女は、入店からこれまで多くの指名客を持つ超人気人妻さん。 いわば、マットの面白さを伝えてきた伝道師的な存在なのです。

 

  「流れが決まってしまいがちだからこそ、プレイが作業的にならないよう、常に気を付けています。 事務的になったらお客様もつまらないだろうし、私も気持ち良くないですから(笑) マットプレイは楽しいことだらけ! 一度でも体験したら病みつきになりますよ♪」  

 

単調になりがちなマットプレイを、どうやって盛り上げているのでしょうか? そこを探っていくと、さくらさん底知れないエロさが見えてきました。    

 

   

 

「ひと言にするとコミュニケーションを取るってことなんですけども、 例えば、ご案内後からプレイが始まる前までの自己紹介的な時間は、 いかにお客様の緊張を解くかってことに集中しますね。

丁寧に接するだけが接客ではないから、くだけた会話をすることもあります。 ガチガチに緊張している方だったら、 『心配しなくても大丈夫、ちゃんと取って食べるから♪』って言っちゃう時もありますし(笑)」    

 

ユーモアを交えた接客こそ、さくらさんの真骨頂。  

「年配の方だったら言葉使いも丁寧にしますけども、 丁寧にするってことと、お客様が喜んでくれるってことは違いますから、 その人に合う接客方法を考えながら会話するようにしていますね」  

 

相手に合わせて柔軟に対応できるのは、人妻さんの経験ならではでしょう。 まさに、変幻自在。    

 

   

 

対面後の『ツカミ』で男の心をガッチリと捉えて、良い雰囲気でプレイに繋げていく。 そうして始まるプレイ、そこで何をするのかはこれまでのすすきのHコンテンツにもご紹介してきた通り。

伝統と歴史あるマット技の世界。 斬新な技が追加されることはそうそうありませんが、 しかし、独自のスパイスを加えることはできる。

そしてそれこそが、さくらさんがこれまでにたくさんの男性を魅了してきた理由でもあります。  

 

「マットプレイの中で、『特にコレが気持ちイイッ!』っていうのがあるわけではないんですね。 全部が気持ちイイし、それが続いていく至福の時間が気持ちイイのであって、 マット技の一部を引き合いに出して、 『これを楽しんで欲しい!』っていうのは違うんじゃないかなって思っているんです」  

 

なるほどなるほど、確かに仰る通り。 淀みなく続いていくマットプレイは、溜息と喘ぎ声の連続。  

しかしそれでは、さくらさんの人気の秘密に迫ることが出来ないので、 敢えてひとつだけ、とっておきのマット技を聞いてみると…。    

 

 

 

  「ひとつですか、そうですねぇ…。 カエルキックかな。うつ伏せで脚の間に体を入れていく時に、おチン●ンを掴んでアソコ同士に擦ってます。

私も気持ち良くなれるチャンスだから、ここぞとばかりに擦ってますね(笑) ローションでヌルヌルしているからお客様は気付かないだろうけども、 けっこうキワどいところまでいきますよ(笑)」

 

  ※※※※さくらさんの言葉の真意は動画で! マット技5選!※※※※ >>>>>     動画はこちら     <<<<<<    

 

通常のカエルキック+αの快感、そのルーツになっているのは、 さくらさん本人も一緒に気持ち良くなろうとする思い。  

この願望をマット技の随所に入れることで、「あれ、本気で感じてる?」という感動を覚える。  

作業的でもなく、義務的でも事務的でもない、 限りなく素に近い彼女を感じられるからこそ、プレイ後には深い満足があるというわけです。    

 

   

 

「3Pも楽しいですよね。 イケイケの責めっ放しプレイになったり、ジックリと焦らしていくプレイになったり、 誰と一緒に組むかで内容もガラッと変わってしまうんです」    

 

さくらさんも例にあげる3Pは、

「マッティー夫人で遊ぶなら、ぜひ体験して欲しいです! この間も、お客様に『興味があったら3Pで遊んでみて!』って勧めてみたんですね。 本当に3Pを遊んでくれたみたいで、『ハマっちゃった(笑)』って喜んでくれました♪」  

 

テクニックとサービスでは間違いない人妻風俗、 本気で感じ乱れるさくらさんと遊んでみませんか?  

吉野さくらさんは、週3回、遅番で出勤中です!  

 

◆◆◆◆◆今回紹介した人妻さんと遊べるお店◆◆◆◆◆

ファッションヘルス マッティー夫人
南5西5楽園ビル3F
電話番号 011-562-2477
営業時間 10:00?24:00  

吉野さくら(37) T.160cm B.86cm(D) W.60cm H.84cm

マットの名店を支える実力派。テクニック、人柄、接客内容、 どれを取っても一級品の、至れり尽くせり感に溢れる極上のサービスをぜひ!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【スマホでお店のページを見てみる】

【過去記事一覧】 バックナンバー

renai_hikari

オリジナルテクニック多数!マット嬢の普通じゃないマットサービス 【恋愛マット同好会】ひかり

恋愛マット同好会 ヒカリ 昔から日本には「48手」と呼ばれるセッ●スの組み手(?)があります。
それに勝るとも劣らない多くのテクニックで気持ち良くしてくれるマット風俗。
カエルキック、アメンボ、カニばさみと、ココだけの技のオンパレード。
寝ているだけで気持ち良いマットテクの数々に、自己流のアレンジを加えて、 更に気持ち良くしてしまう女の子がいました。


 

【恋愛マット同好会】ヒカリちゃん、 170cmの長身スレンダーボディに、90cm・Fカップの美巨乳が日本の規格外。

アメリカンポルノ並みのエロスを醸し出すお色気お姉さま。 彼女のマット技が実に面白い。

ローションをつけてシゴくだけでも気持ち良いマットプレイに、自己流のアレンジを加えて、 快感具合に磨きをかけてしまうのです。

 

 

例えば、マットの定番、カニばさみ。

仰向けに寝た体を、女の子の膝でチン●を挟むフィニッシュ級の人気技。 これでイク人も多いでしょう。

この技に、ひと手間加えたヒカリちゃん。

通常のカミはさみが発射まで5分としたら、 彼女のそれは、1分かかるだろうか?という超改良型。

フィニッシュと呼ぶに相応しい仕上がりになっているのです。

「普通のカニばさみは、膝の裏でオチン●ンを挟んで、手を添えて上下に動かすんですけど、 私は、添えた手も一緒に動かすようにしています

ふむふむ、つまり、膝の裏と手のひら、両方を使ってしごいているというわけですね。

それだけなら他にも同じことをしている女の子がいそうですが、 ヒカリちゃんの場合は、更に変化をつけてくる。

「添えた手で裏筋をなぞってみたり、カリを握ったりします。 これをすると『イキそうになるからストップ!!』って言われますね(笑)」

敏感な先っぽへの強烈な刺激は、発射に直結する。 それを分かった上でのオリジナルテクなのです。

 

 

ヒカリちゃんがアレンジを加えたマット技・その2、カエルキック。

うつ伏せで寝た下腹部に、女の子の脚がニュルニュルッと侵入して、 内腿でチン●を挟む至福の技。

気持ち良いものの、イクほどのテクニックではない。 しかしこれを、「イッちゃう人も多いですよ」とまで変えてしまうオリジナルテクが凄い。

実際にサービスを受けている姿を想像しながら、お聞きください。

 

「うつ伏せになっていると、オチン●ンはお腹の方を向いていると思うんですね。 それをお尻の方に少しだけ引っ張るんです。

前を向いたオチン●ンを下に向ける感じですねそこに手を添えて、私のアソコを押し付けるんです。

イメージ的にはスマタに近いかな? クリにあたるから私も気持ち良くて声が出ちゃいますね(笑)」

 

これ、チン●が柔らかい(?)人向けのテクニックですが、 並みのマットヘルスではとうてい味わえない快感らしい…。

 

 

こんな感じで、マットサービスにどんどんアレンジを加えてしまうというヒカリちゃん。

日頃の研究が奏功して、 「『初めてパイズリでイッた!』というお客様もいたんですよ。 私が初めてになれたんだって思うと、嬉しいですね♪」と、尽くす喜びを楽しんでいる様子。

ローションとマットで遊び方は無限大! マット風俗の奥深さを、ひかりちゃんのオリジナルテクで実感してみませんか?

 

 

【スマホでお店のページを見てみる】
【バックナンバー】